「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」を世界遺産に

新着情報

平成19 年1月、ユネスコ世界遺産暫定一覧表に記載された「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」は、令和6 年の登録を目指しています。当協議会では、毎年、「飛鳥・藤原」への理解と関心を高め、世界遺産登録について皆様と共に考えていく場として、講演会を開催してきました。

今回の講演会は、世界遺産登録の第一線で携わってきた本中眞奈良文化財研究所所長をお迎えし、「飛鳥・藤原」の登録への歩みとその価値についてご講演いただくとともに、パネルディスカッションでは「飛鳥・藤原」の魅力を専門家や地元首長を交えて語っていきます。

お申し込みはこちら>> 世界遺産「飛鳥・藤原」奈良講演会受付サイト

 

講演会チラシ表

講演会チラシ表

講演会チラシ裏

講演会チラシ裏

イオンモール橿原(奈良県橿原市曲川町7-20-1)の1Fサンシャインコートにおいて、7月2日(金)~4日(日)の3日間、橿原市・明日香村による物産・観光PR展「飛鳥まるごとフェア」が開催されます。「飛鳥・藤原」の世界遺産登録に向けたPRブースを設けていますので、お買い物の際には、是非お立ち寄りください!

詳しくはこちら(イオンモール橿原HP)

 

平成19年に世界遺産暫定リストに記載された「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」について、昨年度に引き続き、令和3年度以降の世界文化遺産候補について推薦を希望するものとして関係書類を文化庁に提出しました。

今後は令和6年度の世界遺産登録を目指し、世界遺産「飛鳥・藤原」登録推進協議会(奈良県・橿原市・桜井市・明日香村)を中心に関係機関と登録に向けた準備を進め、「飛鳥・藤原」の価値の発信に取り組んでいきます。

世界遺産登録を目指す「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」を学ぶイベントです。

今回は、田辺征夫氏(「飛鳥・藤原」専門委員会委員、元興寺文化財研究所理事長)と河上麻由子氏(奈良女子大学准教授)をお迎えし、考古学と文献史学のそれぞれの立場から「飛鳥・藤原」の価値の一つである「国際交流」をテーマにご講演いただきます。

さらに、青柳正規氏(奈良県立橿原考古学研究所所長・前文化庁長官)をコーディネーターに、荒井正吾奈良県知事も加わって「飛鳥・藤原」の国際性とその魅力を語っていきます。

日 時: 2020年11月21日(土) 13:00~16:30
会 場:奈良県橿原文化会館 大ホール

お申し込みなど詳細はこちら:
奈良講演会WEB申し込み―「飛鳥・藤原」と国際文化交流(別ウィンドウで開きます)

 

 

 

 

 

 

 

「飛鳥・藤原」登録推進協議会(奈良県、橿原市、桜井市、明日香村)は、令和2年度以降の世界文化遺産候補について推薦希望をつのる文化庁の照会をうけて、令和2年3月27日に「飛鳥・藤原」推薦希望を表明し、推薦書(素案)を提出いたしました。「飛鳥・藤原」登録推進協議会では、登録に関する諸準備を進めていき、令和6年(2024年)の世界文化遺産登録を目指します。
今後は、文化審議会をはじめ多くの方々に「飛鳥・藤原」の価値と魅力を認めていただくとともに、早期の国内推薦の獲得と世界文化遺産登録が実現するよう一層邁進してまいります。

・「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」の世界文化遺産候補への推薦希望の提出について(奈良県文化資源活用課HP)